屋根・瓦のことなら石川県河北郡/金沢市の《株式会社 アミザワルーフ》にお任せください。豊富な経験と実績を持つ職人が、素敵な屋根作りのお手伝いをいたします。

 

棟からの雨漏り

 

棟からの雨漏り

棟からの雨漏り
 
通常の施工をしてあれば、棟( むね) から雨が漏るという事は少ないですが、下手なリフォーム工事をしてから雨が漏るようになったという例は少なくありません。

今回紹介するのは、訪問販売で来た業者に瓦のリフォーム(修理)を勧められて、棟瓦の中のかべ土が風化しないように漆喰を塗ってもらったところ、雨が漏るようになった、という例です。
普通棟瓦というのは、かべ土を接着剤代わりに用いて棟を積み上げてあります。
 
最近ではその一番の土台になる部分に漆喰を施して、かべ土の経年風化を防いでいますが、実はこの漆喰を塗った面と一番下の棟瓦の外面との間には、ある程度の距離が必要です。
一般的には30mm以上ですが多ければ多いほど良いです。

あと、棟瓦を積み上げる角度も考慮して仕事をします。
写真のように指一本の厚みもなければ、雨風の日などは棟瓦を流れ落ちる雨が、風で漆喰の裏側に入り込むこともあり得るわけです。
この棟は、特に棟瓦の角度も無く( 既に経年風化でかべ土が抜け出てしまっていて、棟瓦が下がってしまっていたから) 棟の真ん中から雨が入り易くなっていました。

この工事をした訪問販売業者は、本当に直さなければいけない所はどこか? という事も分からずに適当な工事をしたという事です。
良くなるためにお金を使って逆に前より悪くなるのでは、お客様にすれば最悪ですよね。
 
 
棟(むね)の中でも最近当たり前のようになった漆喰を塗ってある部分ですが・・・
 
漆喰から棟瓦までの“こぼれ”が指一本もありません。
 
せっかく塗った漆喰の裏側に雨水が回り込んで漆喰を剥離させました。という事は・・・漆喰に対して瓦のこぼれが極端に少ないために水が入り込んだわけです。通常では考えられない施工をしてあります。
株式会社 アミザワルーフ
〒920-0275
石川県河北郡内灘町旭ケ丘24
TEL:076-238-0133
FAX:076-238-3115
------------------------------
●建築工事業
------------------------------
014267
<<株式会社 アミザワルーフ>> 〒920-0275 石川県河北郡内灘町旭ケ丘24 TEL:076-238-0133 FAX:076-238-3115