屋根・瓦のことなら石川県河北郡/金沢市の《株式会社 アミザワルーフ》にお任せください。豊富な経験と実績を持つ職人が、素敵な屋根作りのお手伝いをいたします。

 

悪徳業者の見分け方は?

  • ホーム  > 
  • 悪徳業者の見分け方は?
   
当社にかかってくるお電話の中で特に多いのが、見知らぬ人がいきなり訪問して来て
「瓦が浮き上がっている、すぐ直した方がいい。」 とか
「瓦が傷んでいますよ、すぐに直さないと大変な事になりますよ。」 もしくは
「漆喰が抜け落ちている、放置しておくと大変な事になる。」 などと言われたので、本当かどうか見てほしい、といった内容のものです。
 
そういう風にいきなり訪問して来て、不安をあおるような言動を並べられると、いい加減な事を言っているに違いないとか、見るからにウサンくさそうとか思いながらも、実際問題、言われると不安になるものです。
 少し前までは、
 「無料で点検してあげる」 とか
「近所で工事してたけどお宅の屋根が傷んでいるのが見えた」
 「今なら余った材料で格安で工事してあげる」 と言葉巧みに訪問して来て、屋根まで上がらせると、前述のように不安をあおり、いざ工事をお願いすると、法外な金額を支払わされた・・・というケースが圧倒的に多かったのですが、それではあまりにも不信感や不安感を抱かせてしまうというので(引っ掛かる人が少なくなってきた)最近ではその手口も巧妙化されてきています。
 
いわゆる、“善意の第三者”を装うパターンです。
どういう事かというと、ピンポ〜ンとやってきて
「道路から見えたから気付いたんですけど、お宅の屋根は○○の部分が傷んでいますよ。
 放置しておくのはあまり良くないと思うので、一度知り合いの瓦屋さんにお願いして見てもらった方がいいですよ。」 という風にいかにも自分は全く関係ない、善意で教えてあげただけ、と思わせるやり方です。

言葉も丁寧で、言われた方も 「何て親切な人なんだろう」 と思って信用してしまうみたいです。
でも実はこれが落とし穴で、もしもそのお宅で知ってる瓦屋さんがいないという展開になると、 
「実は自分は昔、他県で瓦職人をやっていたから、何なら直してあげますか」 とか
「自分の知った瓦屋さんを連れて来てあげる」 と言った言葉が出てきます。
そして、きちんと直しもしないである程度の金額を要求します。
でもほとんどの方はやはり警戒するので、結果として、そのお宅の知り合い、もしくは近所の瓦屋さんに電話がかかってきます。
 
それで見に行くと、全く問題のない屋根だ、というケースがほとんどです。
たまに本当にヤバイ屋根もありますが、ハッキリ言って、真っ当な瓦屋さんは飛び込み営業なんて、まずしていませんし、石川県の瓦組合の加盟店でそういう事業所はまずありません。
 名前もろくに聞いた事がなくて、トラックも持っていないような業者は要注意です!(悪徳訪販のほとんどが、複数でライトバンかワンボックスでやって来て、あまりトラックでは来ない。もちろん、何の資格も持っていません)
 
どうしても心配なら、瓦葺き技能士等の資格を持っているかどうか、そして、“石川県瓦工事協同組合”の加盟店かどうかをお確かめください。
あまりしつこいようならお近くの加盟店、もしくは当社の方にお気軽にお問い合わせください。 
 
 
訪販業者の、よく見かける施工パターンです。ほとんどがコーキングと漆喰工事です。年数が経つと、コーキングの中からシリコーンオイルが滲み出てきて瓦が汚れてきますが、棟を解体して見ると中がガランドウという事もあります。漆喰も過剰なまでに塗りたくるので、屋根がケバケバしくなって美観性が損なわれてしまいます。
 
これもよくある施工です。とにかく漆喰、漆喰、また漆喰です。仮に私達がこんな施工をすると、同業者から“パンツをはかせる”などと言われ、笑われてしまいます。
 
割れている瓦(釘割れ)にコーキングをしてあるのがわかりますか?本来なら取替えなければいけない瓦だという事をわかっていながら、その1枚上の瓦とコーキングでひっつけてあります。有り得ない施工です。それで法外なお金を請求するのですから、たまったもんじゃありません。
株式会社 アミザワルーフ
〒920-0275
石川県河北郡内灘町旭ケ丘24
TEL:076-238-0133
FAX:076-238-3115
------------------------------
●建築工事業
------------------------------
014268
<<株式会社 アミザワルーフ>> 〒920-0275 石川県河北郡内灘町旭ケ丘24 TEL:076-238-0133 FAX:076-238-3115