屋根・瓦のことなら石川県河北郡/金沢市の《株式会社 アミザワルーフ》にお任せください。豊富な経験と実績を持つ職人が、素敵な屋根作りのお手伝いをいたします。

 

バチ屋根収め 2

   
①バチ屋根収め 1で書きましたが、ここでは平板瓦の袖瓦を特注品で作った例。
●角度によっては、メーカーから出ている既製品で収まる場合もありますが、そうでない場合は特注となるので納期がかかります。
 
②軒瓦の方が大きく斜めになっていて、それを瓦のみで収めた例。
●瓦の向きが決まっているので、逆方向の斜めの場合は捨て板が必要となります。
   
●また斜めになっている部分で寸法が伸びるのでその部分に寸法の大きな瓦を用意するか、それより上の桟瓦の巾を切り落とすかして収めるようにします。
 
●重なりが多くなる箇所は瓦勾配が落ちるので逆漏れによる漏水に十分留意して施工します。
 
③二つ山系の瓦で瓦と瓦の間に谷樋を設けた例。 を紹介します。
●斜めの角度が大きいと、二つ山系の場合、袖瓦と桟瓦の山高さのの関係上、見切りを入れずに収めるのは困難です。
どういった収めにするかはどんな屋根でもバチ屋根の角度によって決まります。
 
 
 
①このケース(平板瓦)は斜めの角度を測って特注品で収めた事例です。
 
②軒が大きく斜めになっているケース。これくらいの角度が瓦で収められる限界ギリギリです。
 
③二つ山系の瓦のバチ屋根収めです。このケースでは瓦と瓦の間にステンレス製の谷樋を作って収めました。
株式会社 アミザワルーフ
〒920-0275
石川県河北郡内灘町旭ケ丘24
TEL:076-238-0133
FAX:076-238-3115
------------------------------
●建築工事業
------------------------------
014267
<<株式会社 アミザワルーフ>> 〒920-0275 石川県河北郡内灘町旭ケ丘24 TEL:076-238-0133 FAX:076-238-3115