屋根・瓦のことなら石川県河北郡/金沢市の《株式会社 アミザワルーフ》にお任せください。豊富な経験と実績を持つ職人が、素敵な屋根作りのお手伝いをいたします。

 

スレート系屋根に後から雪止め金具を付ける

  • ホーム  > 
  • スレート系屋根に後から雪止め金具を付ける
   
スレート系の屋根は、北陸のような雪の降る地域では、屋根雪が融けて落ちる時に表面の塗装をこするので、約10年位で色落ちしてしまいます。
 多くの人が色落ちしたからという理由で再塗装を施しますが、この時に上手く塗らないと、スレートとスレートの間に塗料が入り込んで通気性がなくなってしまい、屋根材の結露を進行させる事があります。
また、再塗装してから雪が滑り易くなって、 『 今までは落ちなかったのに急に雪が落ちるようになった。 』
というお話をよく耳にします。

そこで、屋根雪が落ちないように雪止めを増やしてほしいというご要望にお応えするのが、この 『 後付け用雪止め金具』 です。

瓦と違ってスレートは外すのが大変なので、外さずにそのまま取り付けられるタイプです。
材質が鉄のものやステンレスのもの等、いろいろありますが、どれも屋根材に穴を開けたりしないので雨漏りの心配はありません。
 
 
屋根の長さからすると最初から雪止めの数が少ないようにも思えますが、意外と雪は落ちません。ただ、再塗装を施すと(最近の塗料は性能がいいので)雪が止まらずによく滑るようになります。
 
これはステンレスのタイプです。葺いてあるスレートとスレートの間に、この金具を突っ込みスレートの厚みの部分にしっかりと挟み込みます。
 
こんな感じになります。元々の雪止め形状と異なりますが、そんなに違和感はありません。
株式会社 アミザワルーフ
〒920-0275
石川県河北郡内灘町旭ケ丘24
TEL:076-238-0133
FAX:076-238-3115
------------------------------
●建築工事業
------------------------------
014268
<<株式会社 アミザワルーフ>> 〒920-0275 石川県河北郡内灘町旭ケ丘24 TEL:076-238-0133 FAX:076-238-3115