屋根・瓦のことなら石川県河北郡/金沢市の《株式会社 アミザワルーフ》にお任せください。豊富な経験と実績を持つ職人が、素敵な屋根作りのお手伝いをいたします。

 

石付き板金

   
石付き板金は主にスレート屋根のリフォームに使われる屋根材ですが、お客様の要望によっては稀に新築等でも葺かれる事もあります。
最大の特徴は、屋根材の中でも特に軽いGL板金の表面に天然石のチップをコーティングして、色落ちなしで塗り替え不要、雨音等も吸収・拡散し静かさを実現しているところ。
また、表面のチップに雪が付着するので雪止めを入れなくても落雪しない、等の利点があります。
(※急勾配は対象外)
1坪あたり、約23kgというのも大きな魅力です。
最近では古い屋根の瓦を降ろして石付き板金に葺き替えるという工事も増えてきています。
 

T・ルーフ ヴェルウッド

T・ルーフ ヴェルウッド
 
LIXILの石付き板金『T・ルーフ ヴェルウッド』は、フラットスタイルでありながら、特徴的な波型の模様(木目調)が印象を深めます。
洋風の建物にはよりマッチします。
   
ここでは、既存のスレート屋根をまくらずに上からカバー工法で納める事例を紹介しています。
 

T・ルーフ ヴェルウッド⑥(色:チャコール)

T・ルーフ ヴェルウッド⑥(色:チャコール)
 
既存状態。(棟板金撤去後)
 
既存状態
既存状態。(棟板金撤去後)
 
既存状態
既存コロニアルの上からゴムアスルーフィングを貼ります。
 
既存コロニアルの上からゴムアスルーフィングを貼ります。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 

T・ルーフ ヴェルウッド⑤(色:チャコール)

T・ルーフ ヴェルウッド⑤(色:チャコール)
 
既存状態。
 
既存状態
既存状態。
 
既存状態
既存状態。
 
既存コロニアルの上からゴムアスルーフィングを貼ります。
 
既存コロニアルの上からゴムアスルーフィングを貼ります。
 
ヴェルウッド施工中。
 
トップライト廻り施工中。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 

T・ルーフ ヴェルウッド④(色:チャコール)

T・ルーフ ヴェルウッド④(色:チャコール)
 
既存雪止め金具撤去後。
 
既存状態
既存棟板金撤去後。
 
既存状態
既存コロニアルの上からゴムアスルーフィングを貼ります。
 
軒先から葺き進めます。
 
ヴェルウッド施工中。
 
ヴェルウッド施工中。
 
棟施工中。
 
棟施工中。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 

T・ルーフ ヴェルウッド③(色:ブラウン)

T・ルーフ ヴェルウッド③(色:ブラウン)
 
既存状態。
 
既存状態
既存状態。
 
既存状態
軒先水切り施工。
 
この屋根は急勾配なので下葺きはありません。
 
施工中。
 
棟換気取付け。
 
棟施工。
 
カバー後。
 
カバー後。
 

T・ルーフ ヴェルウッド②(色:ブラウン)

T・ルーフ ヴェルウッド②(色:ブラウン)
 
既存状態。
 
既存状態
既存状態。
 
既存状態
既存状態。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 

T・ルーフ ヴェルウッド①(色:チャコール)

T・ルーフ ヴェルウッド①(色:チャコール)
 
既存コロニアルの上からゴムアスルーフィングを貼ります。(下葺き)
 
既存状態
既存コロニアルの上から下葺きした状態。
 
既存状態
ヴェルウッド施工中。
 
ヴェルウッド施工中。(谷付近)
 
この屋根は太陽光が載っていない面のみカバーしました。
 
軒先部分。
 
この屋根は太陽光の載っていない面のみカバーしました。
 
ケラバ側には捨て板金を施します。
 
既存コロニアル壁際納まり。
 

スカイメタルルーフ・スレート

スカイメタルルーフ・スレート
 
スカイメタルルーフ・スレートは、表面に天然スレートの豊かな表情を施した、高級感漂う屋根材です。嵌合式のため、表面にはビスが露出せずスッキリと見せたい人にはピッタリです。
洋風の建物にはよりマッチします。
   
ここでは、既存のスレート屋根をまくらずに上からカバー工法で納める事例を紹介しています。
 

スカイメタルルーフ・スレート⑥(色:チャコール)

スカイメタルルーフ・スレート⑥(色:チャコール)
 
既存状態。過去に一度塗装済み。
 
既存状態
既存状態。過去に一度塗装済み。
 
既存状態
既存状態。
 
既存状態。
 
既存の棟板金を取り外します。
 
既存雪止金具を切断し、軒先に下地を取付けます。
 
屋根全面に防水シートを貼っていきます。
 
ケラバ側には捨て板金を施します。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 

スカイメタルルーフ・スレート⑤(色:ティーク)

スカイメタルルーフ・スレート⑤(色:ティーク)
 
既存状態。
 
既存状態
既存状態。
 
既存状態
既存状態。
 
既存状態。
 
既存の棟板金を取り外します。
 
軒先に下地を取付けます。
 
既存雪止金具も切断し、屋根全面に防水シートを貼ります。
 
スカイメタル施工中。
 
スカイメタル施工中。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 

スカイメタルルーフ・スレート④(色:ティーク)

スカイメタルルーフ・スレート④(色:ティーク)
 
既存状態。多数のヒビ割れがあります。
 
既存状態
既存状態。多数のヒビ割れがあります。
 
既存状態
既存状態
 
既存状態。
 
軒先に下地をして、水切り板金を当てていきます。
 
今回は粘着性の防水シートを使用しました。
 
既存雪止金具も切断し、屋根全面に防水シートを貼ります。
 
ケラバ側には捨て板金を入れておきます。
 
軒先から順に本体を取り付けていきます。
 
スカイメタル施工中。
 
スカイメタル施工中。
 
棟換気も入れられます。
 
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
カバー後。棟換気も入っていますが、外からは目立ちません。
 

スカイメタルルーフ・スレート③(色:チャコール)

スカイメタルルーフ・スレート③(色:チャコール)
 
既存状態
 
既存状態
既存状態
 
既存状態
既存状態
 
既存状態。
 
軒先に水切り板金を当てます。
 
軒先から粘着性の防水シートを貼っていきます。
 
既存雪止金具を切断し、粘着性の防水シートを貼ります。
 
ケラバ側には捨て板金を入れておきます。
 
軒先から順に本体を取り付けていきます。
 
スカイメタル施工中。
 
スカイメタル施工中。
 
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
カバー後。
 
雪止を付けなくても雪は止まります。
 

スカイメタルルーフ・スレート②(色:チャコール)

スカイメタルルーフ・スレート②(色:チャコール)
 
既存状態
 
既存状態
既存状態
 
既存状態
既存状態
 
既存雪止め金具を切断します。
既存雪止め金具を切断します。
 
軒先役物を取付けしたら本体を貼っていきます。
今回は急勾配につき、下葺きはありません。
 
ケラバ側には捨て板金を入れます。
 
谷板金を入れます。
 
棟板金をまくります。
 
スカイメタル施工中。
 
スカイメタル施工中。
 
スカイメタル施工中。
 
スカイメタル施工中。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
カバー後。
 
チャコール
下屋は普通の勾配なので粘着性の防水シートを貼ります。
 
カバー後。
 
雪止を付けなくても雪は止まります。
 

スカイメタルルーフ・スレート①(色:チャコール)

スカイメタルルーフ・スレート①(色:チャコール)
 
軒先板金を当てたらゴムアスルーフィングを敷いていきます。
 
本体を取り付けていきます。
 
順番にルーフィングを敷きながら本体をはめ込んでいきます。
中はビスで留め付けます。
 
カバー後。
 
カバー後。
 
 
カバー後。
 

コロナ

コロナ
 
DECRAの石付き板金『CORONA』コロナは、フラットな屋根面とシャープな直線で屋根をよりスッキリとした見せたい人にはピッタリです。
洋風の建物にはよりマッチします。
   
ここでは、既存のスレート屋根をまくらずに上からカバー工法で納める事例を紹介しています。
 

コロナ

コロナ
 
既存状態
 
既存状態
既存状態
 
既存状態
既存状態
 
既存雪止め金具を切断します。
既存雪止め金具を切断します。
 
軒先役物を取り付けたらルーフィングを敷きます。
軒先役物を取付けしたらルーフィングを貼っていきます。
 
続いて、ケラバ役物を取り付けます。
続いて、ケラバ役物を取付けていきます。
 
下から順にルーフィングを貼り、葺いていきます。
下から順にルーフィングを貼り、葺いていきます。
 
下から順にルーフィングを貼り、葺いていきます。
下から順にルーフィングを貼り、葺いていきます。
 
谷部分も雨の流れる水路を確保しながら葺いていきます。
谷部分も雨の流れる水路を確保しながら葺いていきます。
 
地葺き状況
地葺き状況。
 
アイビー
カバー後。
 
アイビー
カバー後。
 
アイビー
カバー後。
 
アイビー
カバー後。
 
アイビー
カバー後。
 

コロナ

コロナ
 
既存雪止め金具を切断します。
 
既存スレートの上から粘着性の防水シートを貼っていきます。
 
アイビー
下から順番に専用ビスで留め付けていきます。
 
アイビー
本体施工中。
 
アイビー
カバー後。
 
アイビー
カバー後。
 

T・ルーフ クラッシック

T・ルーフ クラッシック
 
LIXILの石付き板金『T・ルーフ クラッシックは、日本の伝統的な瓦屋根が持つ山と谷が織りなす幾何学的な模様を意識した形状です。
和洋どちらにもよくマッチします。
   
ここでは、既存のスレート屋根をまくらずに上からカバー工法で納める事例を紹介しています。
 
 
既存の雪止め金具を切断します。
 
棟板金も取り外します。
 
コケやゴミもきれいに取り除きます。
 
既存スレートの上から粘着性の防水シートを貼ります。
 
役物板金を取り付けます。
 
チャコールグレー
下から順番に専用ビスで留め付けていきます。
 
チャコールグレー
平地を葺いたら、棟スペーサーを取り付けます。
 
チャコールグレー
棟の板金を施工します。
 
チャコールグレー
下屋カバー後。外壁は既存のまま。
 
チャコールグレー
下屋カバー後。外壁は既存のまま。
 

T・ルーフ シェイク

T・ルーフ シェイク
 
 LIXILの石付き板金『T・ルーフ シェイクは、フラットな屋根面とシャープな直線で屋根をよりスッキリとした見せたい人にはピッタリです。
洋風の建物にはよりマッチします。
   
ここでは、既存のスレート屋根をまくらずに上からカバー工法で納める事例を紹介しています。
 

T・ルーフ(シェイク)

T・ルーフ(シェイク)
 
既存スレート屋根。
 
既存スレート屋根。
 
既存スレート屋根。
 
既存雪止め金具を切断し、棟板金を取り外します。
 
フォレストグリーン
Tルーフ施工中。
 
フォレストグリーン
Tルーフ施工後。
 
フォレストグリーン
Tルーフ施工後。
 
フォレストグリーン
Tルーフ施工後。
 
フォレストグリーン
Tルーフ施工後。
 

T・ルーフ(シェイク)

T・ルーフ(シェイク)
 
既存スレート屋根。
 
既存スレート屋根。
 
既存スレート屋根。
 
既存の雪止め金具を切断します。
 
棟板金を取り外します。
 
既存スレートの上から粘着性の防水シートを貼ります。
 
フォレストグリーン
屋根端部の役物を取り付けます。
 
フォレストグリーン
下から順番に専用ビスで留め付けていきます。
 
フォレストグリーン
あまり必要ではありませんが、雪止めも付けられます。
 

T・ルーフ(シェイク)

T・ルーフ(シェイク)
 
既存の雪止め金具を切断します。
 
既存スレート屋根
コケやゴミをきれいに取り除きます。
 
既存スレートの上から粘着性の防水シートを貼ります。
 
カッパーブラウン
本体施工中。
 
カッパーブラウン
本体施工中。
 
 
株式会社 アミザワルーフ
〒920-0275
石川県河北郡内灘町旭ケ丘24
TEL:076-238-0133
FAX:076-238-3115
------------------------------
●建築工事業
------------------------------
013398
<<株式会社 アミザワルーフ>> 〒920-0275 石川県河北郡内灘町旭ケ丘24 TEL:076-238-0133 FAX:076-238-3115